「札幌マイルームナビ」お役立ち情報

ご契約までの流れ

申込み→入居審査→契約

気に入ったお部屋があった場合には、入居申込書に必要事項を記入しお申込みを行います。申込書をもちまして予約となりますので、他の方に契約されてしまう心配がありません。

申込み時には申込証拠金(賃料1ヶ月分相当)と必要書類をお預かりさせて頂く形になります。

あなたがその部屋に住むのがふさわしいかを、管理会社や建物所有者に判断してもらうのが入居審査です。書類審査のほかに本人在籍確認や連帯保証人の意思確認が行われるのが一般的です。家賃が収入の1/3以上の場合や、単身者専用の物件に多人数で住もうとした場合などは、断られる場合があります。通常、入居審査には3日〜1週間程度の時間がかかります。

入居審査の結果、入居を許可されるといよいよ不動産会社で入居契約を行ないます。契約の流れは以下の通りです。

入居審査の結果、入居を許可されるといよいよ契約を行ないます。契約の流れは以下の通りです。


宅建主任から契約における重要部分の説明「重要事項説明」が行われます。
重要事項説明をお聞きいただき、契約書類も確認を頂きご納得頂けましたらご記入・ご捺印していただきます。
契約に必要な契約時費用をお支払いいただきます。当社から「預かり証」を発行させて頂きます。
契約に必要な必要書類(住民票や印鑑証明など)をご提出いただきます。
「契約書類」「契約時費用」「必要書類」の全てをお預かりし、契約が完了となります。
ご入居日に合わせてお部屋の鍵や取扱説明書などをお引渡しさせて頂き、すべて完了となります。

申込金とは....

申込金とは、借りたいという意思表示のために支払うお金です。1万円〜家賃1カ月分が目安です。この申込金は一時的にキャンセルした場合や入居審査が通らなかった場合に返還されるかどうかをしっかりと確認してください。申込金は支払ったものではなく預けた物なので、不動産会社からもらうのは「領収書」ではなく「預かり書」になります。申込金はいかなる理由のキャンセルでも返還されるのが原則ですが、むやみに申込みを重ねると不動産会社や大屋さんだけではなく他の部屋を探している人にも迷惑を掛けてしまいます。申込みをする際はそのことを考慮し、できる限り重複は避けましょう。

重要事項契約説明とは?

不動産会社から借り主(あなた)に対し、契約に関する権利や義務、または契約内容について説明することを重要事項説明といいます。宅地建物取引主任者(宅建主任)が説明するように義務付けられており、契約書に書名・捺印する前に必ず行われます。
一見難しい言葉ばかりですが、ゆっくり読めば理解できることがほとんどです。一週間くらい前に受け取ることも可能なので、分からないことはすぐに質問できるようにまとめておき、十分理解してからのご契約をおすすめします。

契約書類の要チェックポイント

難しい内容は宅地建物取引主任者にきちんと確認いただいたうえでの契約をおすすめします。
ご自身で確認される場合には下記の点にご注意ください。

家賃
家賃の額が正しいか
当初聞いていた家賃と相違がないか。特に値下げ交渉をしてもらっている場合は注意が必要。
支払日、方法
支払日は物件によって異なります。支払い方法が引き落としなのか振込みなのかもご確認ください。
更新・退去
更新手続きの方法や段取り、費用がかかる場合はその金額をチェックします。また退去の場合も手続き方法と、いつまでにどこへ伝えればよいかを確認します。
敷金
一般的に、契約年数以上居住していた場合、原状回復費用を差し引いた分の敷金は返還されます。退去時に支払い項目がある際には敷金から控除される形となりますので、退去時の費用についても合わせて確認します。
禁止事項
管理会社や大家さんの考え方が多様なように、物件にも様々なルールがあります。自分の生活サイクルの中でどうしても違反してしま う内容がないか、万が一ある場合は再考するか相談してみましょう。禁止事項には罰則が定められていることが多く、その罰則内容も確認しておく必要があります。
現状回復
退去時の原状回復は、その費用の心配が最もトラブルになりやすいもの、自分の責任で汚損・破損した個所の修理費用を負担するのは 当然ですが、経年変化で破損するような個所は大家さんが負担するよう、国土交通省が発表したガイドラインで定められています。この原状回復費用の負担が明確にされているか、また正しいものかどうか(特例で定められていることがあるので注意)を調べて、疑問点を残さないよう納得いくまで確認してください。一般的な負担の分配は以下の通りです。

大家さんの負担項目

  • 室内を改善するために必要な修理 畳の裏返し、交換
  • フローリングのワックス掛け
  • 網戸の張り替え
  • キッチン、トイレの消毒
  • 浴槽、風呂釜の取り替え 他
  • 通常使用による経年変化 家具設置による床のへこみ
  • 地震によるガラスの破損

入居者の負担項目

  • 通常使用でも起こるが、被害を広げてしまったもの カーペットにこぼした飲み物を放置したのでできたカビやシミ
  • 放置したためにできた結露によるカビやシミ
  • 極度な換気扇の油汚れ
  • 故意、紛失による引越し作業にできたキズ
  • キャスター付のイスやテーブルでできた床材のキズやへこみ
  • タバコによる壁紙や床材の黄ばみ・汚れ
  • ペットが原因でできたキズ

契約に必要な費用

契約にかかる費用は、たとえ同じ家賃の部屋でも物件によって異なります。ここでは目安となる金額を記載しておきますので参考にしてみてください。

種別 支払いの目安 内容 返還 備考
敷金 家賃の
1〜3ヶ月分
大家さんに預ける。退去時の原状回復費用に割り当てられたり、家賃滞納分に充てられるお金。 契約期間に満たないで退去すると、ほとんどの場合返還されません。敷金がない物件を契約の場合、契約期間内に解約した際には違約金が発生します。
礼金 家賃の
1〜2ヶ月分
(無料の場合も有)
大家さんに支払う。部屋を貸してもらうお礼に支払う、慣例的な費用。 ×  
仲介手数料 最大で
家賃の1ヶ月分
不動産会社に支払う。部屋を紹介してもらったお礼に支払う費用。 × 仲介業者(不動産会社)は貸主・借主から合計1ヶ月の家賃を上限として受け取る事ができる。
前家賃 最大で
家賃の1ヶ月分
大家さんに支払う。家賃は前払い制なので、次の支払い日までの家賃として払う費用。 ×  
保険料 建物の種別により
異なる
保険会社に支払う。入居する部屋の保険料として支払う費用。 × 借主の家財を盗難や火災から守ることはもちろん、借用部分における賠償責任も担保されているため、必ずかける必要があります。
ハウスクリーニング料 業者により異なる 清掃業者に支払う。室内清掃及び水廻りの消毒に際する費用。 × 退去時にかかるクリーニング料の前払いとなる場合がほとんどの為、強制支払となります。

ページトップへ