「札幌マイルームナビ」お役立ち情報

Q&A

取引態様「貸主・代理・仲介」とは?
取引態様とは、宅地建物取引業者が物件を広告する場合に自分の立場を表したものです。
どの取引態様であるかで、報酬額(仲介手数料)や、法律上の制限が変わってきますのでしっかりと表示する必要があります。
「貸主」…業者が自分で持っている物件を賃貸する場合です。借主から報酬を受け取ることはできません。
「代理」…業者が貸主の代理人として物件を賃貸する場合です。
「仲介」…業者が貸主と借主を媒介する場合です。借主には業者に対する報酬の支払いが発生してきます。

ページトップへ